経営者とは、いうまでもなく会社のトップに立つ存在です。自分より上の役職はいませんから、企業のブランディングを成功させるためのすべての意思決定を自分の責任で行わなければなりません。つまり、経営者とは「意思決定の最高責任者」と言い換えることができます。そして、会社の業績というのは、経営者の意思決定によって影響されます。特に中小企業の場合はその影響が顕著なので、黒字になるのも赤字になるのも経営者次第とさえいえます。当然ながら、会社は利益を出して行かないと存続できないので黒字経営を目指すのが経営者の使命なのですが、中小企業はおよそ7割が赤字経営だといわれています。

その理由はいろいろありますが、中小企業の場合は「勘や経験に頼っている」というのが最も多いでしょう。もちろん、勘や経験だけで成功する経営者もいますが、そんな人は100人に1人もいません。勘や経験に裏付けを与えるのは、「会社の数字」です。実際、成功している経営者の多くは数字に強いことが多いので、経営者は会社の数字を理解することが務めといえるでしょう。