ブランディングに成功したヒット商品のお菓子の中で、デザインや味はもちろんですが、なんといっても食べやすいということが魅力ではないでしょうか。大きなお菓子だと、食べにくいということがありますね。そんなに食べることはないと思ってしまうのです。小腹がすいた時に、ちょっとつまめるという、そんな大きさがいいです。
そのような大きさのヒット商品として亀田の柿の種があります。これは、極小さいせんべいです。これがヒットしたのは、お菓子でありながらビールなどのお酒のつまみになるというところがあります。お酒の飲む時に、つまみとしてお菓子を食べることがあります。その時に選ぶのはこれが多いです。手頃な価格と大きさで、やっぱり買ってしまいます。
しかも、せんべいだけではなくピーナツが含まれているのがいいのです。これは食べたことがある人ならわかりますが、食べだすと止まりません。くせになるせんべいとピーナツの美味しさがありますん。それをひと袋で味わえる魅力でヒット商品となっています。