営業を初めて間もないときは、誰にでも同じ商品を紹介してしまいがちですが、顧客が本当に必要としているものでないとなかなか買ってもらえません。年齢や職業や性別などによって欲しい商品の傾向は変わってくるものです。
私が営業を初めたときに、男性にあまり売れなかった商品を女性に紹介したところたくさん売れたという経験があります。やはり商品が欲しがっている人の具体的なイメージを考えて商品を紹介する相手を選ぶことがたくさん商品を売るためには肝心です。誰に何が売れるのかよく考えて営業をすると自然とたくさんの契約を取ることが可能です。
また、長く営業をしていて気づいたことですが、今すぐに必要としていないものでも、欲しいと顧客に感じてもらえるものは売れやすいです。そのため、いかに素晴らしい商品なのかということを顧客に分かりやすく説明することは大切です。顧客に興味を持ってもらえることで、今すぐにはいらない物でも買ってもらえる可能性が高くなります。